確率をもとにギャンブルを攻略するのは、勝つことを前提として大切な考え方です。

ギャンブルをまともに実践する方法
ギャンブルをまともに実践する方法

ギャンブルが確率通りに収束しない理由

確率をもとにギャンブルを攻略するのは、勝つことを前提として大切な考え方です。試行回数が無制限、ベッド額が天井しらずであれば、いずれ結果は確率通りの結果に収束していくことになります。しかし、必ずしも確率通りにならならないことを体感している方も少なくないでしょう。

市場のパイが小さい賭場では、胴元によるベッド額の制限試行回数の制限により、確率論だけではプラス収支にすることが不可能となります。確率50%の勝率でもペイアウトが1.8倍では微損になりトントンにはなりません。2倍にならない差額は、胴元の手数料ということになります。

確率が正規分布でなく偏っている等、理想通りの条件とならない場合、結果に偏りが生じます。また営業時間が限られていますので、その日のうちに確率が収束するほどの勝負を実施することは不可能となります。多くの場合、現出する結果は、胴元に有利な方向へ傾いている状況が作られているのが現実です。

注目の情報